アレルギーの知識と情報 ~化学物質過敏症~
化学物質過敏症
化学物質過敏症は、微量の環境問題といえます。
多種化学物質過敏症(MCS:Multiple chemical sensitivity)は、Chemical Intolerance(CI:化学傷害)と呼び名を変える動きがありますので、ここでは CI と呼ぶことにします。
住環境中に存在している、様々な種類の微量化学物質に反応し、発症する CI。これは極めて深刻な疾患であり、重症になると、通常の生活すら営めなくなり、例え病院で CI であると判明したとしても、それに対処できることは限られてしまっているのが現状で、普通の方は家に帰っても毒ガスでも吸っているかのような苦しみを抱き、顔だけ窓から出して呼吸をしたりしているのが現状です。
CI の研究の歴史は浅く、現状判明している科学物質に対して研究が進められているのが現状です。比較的研究が進んでいるアメリカでは、10人に一人が CI 患者だとも言われています。
さらに日本では、CI に対する認知度は低く、「神経症」、「更年期障害」という診断をされるケースが多いと見られています。
まずは、その症状について、身に覚えがないかご確認ください。

1.CIの症状
初期症状としては、アレルギー系への症状が出ます。
目がかすむ・まぶしい・暗く感じる・ちかちかする・ごろごろする・疲れる・視力低下・めまい・涙が出やすい
鼻が詰まる・乾く・鼻水・鼻血・鼻の奥が重い・金属のにおいがする・くしゃみ
耳が痛い・かゆい・耳鳴り・耳が聞こえにくい・中耳炎
のどが痛い・詰まる・口やのどが乾く・口の中がただれる・食べ物の味が分かりにくい・ものを飲み込みにくい・声がかすれる・せき
おなかが張る・圧迫感がある・痛い・けいれんする・下痢や便秘
吐気・胸焼け・げっぷ・おならがよく出る・胃酸の分泌過多・小腸炎・大腸炎・食欲低下
トイレが近くなる・尿がうまく出ない・尿意を感じにくくなる・夜尿症・膀胱炎
インポテンツ・性的な衝動の低下・過剰

次に神経系(中枢神経)への影響が出ます。
のぼせ・顔がほてる・汗が異常に多くなる・手足の冷え
生理不順・生理が始まる前にいらいらしたり頭痛やむくみがある・おりものが増える・陰部のかゆみ・痛み・不妊症
呼吸がしにくい・呼吸が短くなったり呼吸回数が多くなる
不整脈・血圧が変動しやすい・卒倒
アレルギー悪化・湿疹・じんましん・赤い斑点・にきびのような吹き出物が出やすい
むくみ・筋肉痛・肩や首がこる・関節痛

これに、その他の生活上のストレスや急激な化学物質の曝露により重度の CI になると
脳機能障害・頭が痛くなる・重くなる・手足のふるえ・けいれん
キレる・鬱・躁・不眠・気分が動揺したり不安になったり精神的に不安定になる・いらだちやすく怒りっぽくなる
記憶障害・記憶力・思考力の低下
貧血・甲状腺機能障害

といった症状が出てきます。
これらの症状にはすべて個人差があり、また男女差、年齢差があります。
最近の研究では、遺伝子レベルでの解明が進んでいて、たとえばトルエンの微量被爆に弱い遺伝子というのが解明されてきているようですが、公表はされません。
また、30代半ばから40代の女性が CI 発症の症例が多いということが北里大学ではいわれています。これは、住環境汚染による被害をもっとも受けやすいの状況と重なる部分です。

2.本当の危険性
子供たちの身体の安全性への危険がもっとも注目すべき点です。子供への影響は大人の3倍といわれています。
また、思春期での影響は神経系への症状が悪化することが近年判明(2002年)し、挙動異常や・脳の自己異常・強迫神経症・学習機能障害・不眠・他の影響が出ます。シックスクールなども真剣に検討すべき問題であり、また、それを理解することのできる社会・なくしてゆこうという社会がきわめて重要です。子供にとって安全であるべき学校の環境が原因で、子供や教員が化学物質過敏症などを発症したり、または、すでに化学物質過敏症やアトピー、アレルギーになっている子供や教員の症状が悪化するケースです。
化学物質過敏症を発症した子供や教員の多くは、床に塗るワックスや教材に含まれる化学物質、教師のたばこや香水に反応して症状が出てしまいます。
また、校舎,校庭の新築や改修、樹木への農薬散布などにより、化学物質過敏症を発症した例もあります。
学校側が協力して、使う教材を出来るだけ安全なものに替えたり、教室の換気に気をつけたり、教師がたばこや化粧をやめるなどの対応を取れば、学校へ通える子供たちもいます。しかし、化学物質に悩む子供や教員が存在するという現実を知らないため、子供や親、教員からの訴えをなかなか理解しようとしない担任や校長・教頭先生も目立ちます。

化学物質に悩む子供たちは、「私たちも勉強したいし、友だちと一緒に遊びたい」と訴えています。
シックスクールは、一部の「過敏な子」だけの問題ではなりません。化学物質過敏症の典型的な症状の一つに、集中力・思考力が欠け落ち着きがなくなる、感情を制御しずらくなり怒りやすくなるというものがあります。化学物質に曝露すると「キレる」子供が(大人も)現実にいます。一見すると活発そうですが、病気でそうなっているだけなのです。乱暴だった化学物質過敏症の子供が(大人も)回復すると、ウソのように優しくなったという症例があるのです。
また、環境ホルモンなどの化学物質が、多動を引き起こすという動物実験結果も報告されています。
現代社会において、落ち着きのない子供、きれてしまう子供が、いかに多いかということは、皆さんもご承知の通りです。
親も教員も、そして子供本人も気付かないうちに、化学物質の影響を受け、「多動児」「問題児」扱いされている子供たちも、きっといるはずです。子供がなぜキレるのか原因を調べる際には、化学物質の影響も候補に入れるべきだと、研究者たちは指摘しています。
化学物質過敏症の子供たちも通えるような学校にすることは、他のすべての児童生徒たちの健康を守ることにもなるのです。

CIの特異性
この病気の特徴の一つに、アレルギーなどと比べても、はるかに少ない量の化学物質に反応することがあります。ホルムアルデヒドの室内空気濃度指針値は0.08ppmですが、それより低い濃度で反応する患者もいます。
重症になり、多種類の化学物質に反応する、「多種類化学物質過敏症」、略してMCS(Multiple Chemical Sensitivity)の患者は、身の回りのあらゆる物から刺激を受け、起きている間中、絶え間なく苦しみます(患者によっては寝ている間でさえ、不眠や悪夢で苦しめられます)。着る服がない、食べられるものを探すのも一苦労(農薬や添加物が使われたものは食べられません)、そして何よりつらいのは、自分のこの体を安心して置ける場所がないことです。
また、この疾患について知識を持ち、患者に対応できる医療機関や医師も、極めて限られています。患者たちはしばしば、身近な医師から「気のせい」と決めつけられ、患者としての当たり前の扱いをしてもらえません。
このため、「医者が『異常なし』と言うのだから」と、家族からも理解してもらえない患者が少なくありません。患者は症状だけでなく、孤独にも苦しめられているのです。

3.マスキング(馴化)
化学物質を使っている歴史が日本より長い米国では、人口の10人に1人程度がこの疾患の患者だと言われています。
日本では疫学調査例があまりないのですが、米国に近い割合だろうと研究者らは推定しています。しかし、多くは、「更年期障害」や「精神疾患」など別の疾患として診断されたり、原因不明のまま放置されているとみられています。
多くの患者が、近くの病院で診察を受けても「異常なし」「気のせい」などと言われ続け、マスコミ報道や書籍などをきっかけに、自分の病気の名前をようやく“発見”してきたのです。
何らかの化学物質を大量に体に取り込んだり、または、微量だけれども長期間にわたって取り込んだ結果、この病気になるとされています。
人体の中に化学物質を解毒するバケツがあると考えてください。私たちは身の回りにある化学物質を毎日、体に取り込んでいます。それらを解毒しきれず、化学物質がバケツからあふれた状態が、この病気だと考えられています。このバケツの容量は個人差が大きく、同じ環境にいても発症する人としない人がいます。
世界中で開発された化学物質の登録数は2000年末時点で約2,800万種類。このうち、日本で商業的に用いられているものは数万種類あり、年々増加しています(2001年版『環境白書』)。それぞれの化学物質の安全性が厳密に検証されてから使用されているわけではありませんし、2種類以上が複合した場合の安全性については、ほとんど分かっていません。
花粉症は、車の排気ガスなどで汚染された環境の方が、患者が多いことが報告されています。昨年まではまったく異常がなかったのに、ある年を境に突然発症する花粉症。化学物質過敏症も同じように、あなたが突然、患者になるかもしれないのです。

原因
CS発生の因子

 総身体負荷量
 適応・マスキング(馴化)
 遺伝的生物的個人差

① 先天的解毒機能障害=有機リン系に多い・母性遺伝をする。
② 酸化的ストレス(悪玉酸素)
③ Paraoxinaseという毒物を外に出す酵素が少ない。

 発病までの栄養状態=抗がん剤をやめたなど
 基礎疾患の有無
 年齢差・性差=女性は36歳から46歳が多い(これは新築して家庭にいる期間が長い、また家庭でのストレス等が多いのがこの期間女性であるためではないのか?)

化学物質過敏症の「発症原因」の半数以上が、いわゆる「シックハウス」や「シックビル」、すなわち、室内空気汚染です。新築やリフォームで使われる建材や家具から揮発するホルムアルデヒド、揮発性有機化合物(VOC)、シロアリ防除や防虫畳に使われる農薬類、トイレ芳香剤や防虫剤として使われるパラジクロロベンゼンなどが汚染物質です。
室内空気以外では、農薬散布やごみ焼却による戸外の大気汚染や、医薬品、職場での化学物質(美容室のパーマ液、病院の消毒液、他人の喫煙など)が発症の引き金になりやすいです。
新建材(合板や塩ビ壁紙、防炎処理カーテン、トルエン・キシレンなどが含まれた塗料など)、農薬(防虫剤、殺虫剤、シロアリ防除剤、畳の防虫シート、蚊取り線香、農薬を使用された食品など)、芳香剤(トイレ用パラジクロロベンゼンなど)、たばこ、香水、香料、整髪料、ドライクリーニングされた衣類、インク(本、新聞、マジックやサインペンなど)、合成洗剤、塩化ビニール、プラスチック、食品添加物、塩素(水道消毒用など)、電磁波(家電など)、香りの強い天然の木(ヒバ、ヒノキなど)、カビ(すべて個人差あり)

患者は、化学物質が出来るだけ少ない環境への転地療養を切望しています。化学物質が少ない環境では、患者は見違えるほど元気になります。また、この疾患一般に効く“特効薬”はなく、転地療養が回復への近道とされています。
しかし、現実には、転地療養先を探すことはたいへん困難です。近年の住宅のほとんどは、化学物質を揮発させる新建材が使用されています。運良く古い家を見つけても、前の住人が使用していた防虫剤が染みこんでいたり、長い間閉め切られていた場合はカビなどの問題があります。
また、家の周辺環境も問題です。近隣でのごみ焼き、庭での農薬使用、新築やリフォーム、合成洗剤使用などは、常に患者の脅威です。
患者の中には、少しでも良い環境を求めて何度も引っ越しを繰り返し、お金をほとんど使い果たしてしまった方々もいらっしゃいます。

シックハウス予防策は進むが
厚生労働省が室内空気中の化学物質濃度の指針値を定めるなど、国はシックハウスの予防策を講じつつあります。 しかし、指針値が達成されなかった場合に業者を罰する法律はありません。シックハウスの被害者が裁判を起こしても、十分な補償を得ることは非常に困難なのが現実です。

CS発症のトリガー
現状では59%シックビル21%殺虫剤8%有機溶剤(北里大学症例)

近年では黄砂によるダストにより
① 喘息等の呼吸疾患
② 膠原病・神経痛
③ 難病の発作
④ 飛来殺虫剤

今までは室内ガスばかりにとらわれてきたが、これからはoutdoordustの問題になる可能性がある。

今苦しんでいる患者への緊急対策を
化学物質過敏症は、発症のメカニズムが十分に解明されておらず、疾患の存在自体について、医学界での意見が分かれています。
しかし、米国においては、政府や医学界が、この疾患を公認する方向で動きつつあります。
日本においては、「シックハウス」が社会問題化したことに伴い、厚生労働省が室内空気の化学物質濃度に指針値を設けるとともに、シックハウス症候群の研究班を発足させるなど、一定の取り組みを進めています。国立療養所南岡山病院などには、化学物質過敏症を診断・治療できる施設が設けられました。
また、環境省も、この疾患についての研究班を設けています。
しかし、国の施策は、この疾患の予防策や、疾患解明への研究が中心です。既に発症してしまい、今、苦しんでいる方々への直接的な支援策は、残念ながら、ほとんど行われていません。

治療
クリーンルームに入ると初期悪化が起こる(体内血液内の有害化学物質のサーキュレーション)=毒物が廻る。
チャレンジ=微量暴露(負荷はホルムアルデヒド・トルエン・ニコチン・カーバメート) 脳の酸化ヘモグロビン値により判定

対策
① 換気が第一
② 散歩20分
③ サウナ・お風呂

これでそんなに悪化する前に直りますよ。とのこと